【インタビュー】「“面倒くさい”を理由に諦めないこと」イラストレーター/天満 あこさん

”ちょっと気になるあの人”の初出し情報満載のインタビューコーナー「夢人図鑑」。

今回の夢人図鑑は、イラストレーター・天満 あこ さんの登場です。

――始めまして!「夢人図鑑」のインタビューにご協力いただきまして、ありがとうございます。まずは読者の皆様に自己紹介をお願いします。

 初めまして。イラストレーターをしております、天満あこと申します。緊張で胃液が逆流しそうです。


――まずは天満さんの活動についてお伺いします。

イラストレーターと一口に言っても、絵本・小説・ファッション誌などの出版物の挿し絵から、 WEB サイトの素材やSNS 用の似顔絵など、様々なジャンルがありますが、天満さんが携わっているジャンルは?

 私はコミック系のイラストをメインに描いているので、そういった絵柄の需要のある場所からお声をかけて頂くことが殆どです。最近はタイトルロゴの制作も絵と一緒に頼まれることが多いですね。

――タイトルロゴは、表紙のデザインによっては、表紙絵より先に目に付くこともあり、文字の中に作品の色や世界観を反映させつつ、既存の作品と被らないようオリジナリティーを求められるということで、すごく難しいイメージがありますが…。

  ロゴは大切ですよね!先方様からロゴサンプルを頂くこともありますし、こちらにお任せの時はその作品のジャンルによく使われる書体や色合いを参考にしています。ただどこか専門的な場所で勉強した経験等は全く無いので(笑)、いつも不安しかないですね。本当に難しいです。常に本職さんにお任せした方が良い気がしてます。


――イラストレーターになろうと思ったキッカケは?また、デビューに至った経緯を教えてください。

 もともと絵を描くことが好きだったのと、近くにイラストレーター志望の知り合いがいて触発されたのがキッカケです。デビューはどのお仕事がそれにあたるのか、自分でもはっきりしていません(笑)


――今やインターネットを通じて、誰でもクリエイターになれる時代です。

しかし、誰でも発信できるし、誰にでも見てもらえる分、他者の意見や感想が気になったりして、なかなか挑戦できない方もいると思います。

そこで、自分の感性を公にすることをためらっている人にエールをお願いします。

 ネットの世界には色々な人がいますので、時にはショックなコメントを受け取ることもあるかもしれません。有名人の皆様なら間違いなく経験があることだと思います。月並みなことしか言えませんが、気にしないのが一番です。

 相手があなたの明日を保証するわけでもないですし、そこで気に病んでる時間もペンを握っている時間も同じように過ぎていきます。だったら一枚でも多く作品を描いた方が良いと思います。

 広い世界です。続けていれば新しい仲間もできるかもしれません。是非あなたの人生を楽しんで下さい!


――イラストレーターになるには、イラストレーターを目指すための学校を卒業したり、SNSやクラウドサービスを経て、いつの間にか…など、いくつかのルートがありますが、『イラストレーターになるなら、これはやっておいた方がいい!』、また『これだけは妥協しちゃダメだ!』みたいな助言をお願いします。

 基礎的な技術もさることながら、契約書や設定資料等に書かれている難しい活字を最後まで読み切れるようにしておいた方がいいかなと思います。 まどろっこしい文章でも読まなくてはいけない時がほぼ間違いなく来ますので(笑)

あと何をするにも「面倒くさい」を理由に諦めないこと。

――ご自身のイラストが初めて製品になったときに感じたことは?

 なんか…同人みたい…。


――え、そんな…(笑)

 いや、ホントに。


――作業のお供は?

(ちなみに筆者は、カフェ・オ・レかミルクティーが欠かせません!あと、ラーメン。)

 筆者様はミルク系がお好きなのですね!私はコーヒーが好きですよ。ラーメンは豚骨か塩が好きです!


――どんな仕事でも、得意なことや不得意なことがあると思いますが、天満さんがイラストレーターとして活動をしてきた中で、一番「よしきた!」と思ったエピソードと、一番苦戦したエピソードを教えてください。

 アメリカのCross Infinite World様からお声をかけて頂いたお仕事は本当に嬉しかったです。流行りの異世界ジャンルでノベルのお仕事だったので。ただカラーに比べて挿絵の経験はかなり浅いので、そのあたりはまだまだ心残りがちらほらと…。

 一番苦戦したのは、指示書に書かれていない内容を「指示書に従って描いて下さい」という理由でリテークされた時(笑)締切日が伸びることも無く、描くよりもそっちの確認作業に時間がかかって大変でした(笑)


――今まで仕事をしていて、「ちょwww」と思ったエピソードを教えてください。

 時期はバラバラなんですけど体調を崩した時に、内科と整形外科と皮膚科と歯科と眼科と耳鼻咽喉科で全く同じ診断「よく食べてよく休んでよく寝て下さい」が出ました。眼科では「瞬きして下さい」と言われて薬を処方されることなく帰ってきたことがあります(笑)


――愛用の画材道具は?

 wacom さんの Cintiq 13HD です。最近買いました。とてもいい感じです!


――例えば、人物を描くときに、輪郭は右向きしか描けない、決まったポーズしか描けない等の悩みを持っている人がいると思いますが、天満さんならではの克服方法があれば、教えてください。

 私は元々才能があるタイプではありませんので、身体を動かすしか解決方法がありませんでした。

 とにかく描く枚数を増やすことをお勧めします。最近はネットに無料で使用できる資料がたくさんあって大変ありがたいですね。決まった方向の顔しか描けない場合、デジタルだったら反転しちゃえば…なんとかなる(笑)


――どんな子供でしたか?

 黒歴史の塊。見たらいけないやつ。


――そんな(笑)でも筆者もです。

何かの文集に好きな言葉『勝者』とか書いてた覚えが…。何に勝つんだよ(笑)みたいな。

しかし、大人になって考えてみると、やっぱりこの世は弱肉強食だと思います。

ところで、志々雄真実は好きですか?

 彼は良い女を捕まえましたね!

年齢層もありますが、「弱肉強食」と「等価交換」は漫画の影がちらつく四文字熟語だと思います(笑)

 それにしても『勝者』…(笑)きっと若き頃の筆者様は何かと戦っていたんですね……!

 

――今まで生きてきた中で、一番衝撃を受けたことは?

 一番というわけではないのですが、この前ゲームをしてた時に「このキャラ、結構好きかも」とときめいた次の瞬間、未来でその人の孫娘に関するクエストが出てきた時。色んなものが急上昇&急降下で心臓激痛!


――これから挑戦してみたいことは?

 漫画を描いてみたいなーと数年前から言ってます。

♥一問一答

――血液型は?

 Bです。お祭り型です。


――趣味は?

 お絵かきです。


――特技は?

 シフォンケーキだけはレシピを見ないで焼けます。


――chicken or beef? or pork?

 何処で食べてもchickenが一番ハズレが少ないような気がします。


――描いていて特に楽しいと感じるキャラクターのジャンルは?

 最近初心に戻って筋肉の付き方を勉強し直しています。

多分何度やっても為になる。


――恋人にしたい二次元キャラは?

 2.5次元になるのかもしれませんが、映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のウィンター・ソルジャーが本当に格好いいです…!


――好きな作品は?

「亜人」や「東京喰種」は結構好きです。最近は日当貼さんの「 ODETTE 」が可愛くて大好きです。


――これだけはゆずれないものは?

 譲れないというほどではありませんが、「何もしないよりはとりあえず試してみる」こと…かな??


――今どこに行って何をしたい?

 海外に行く度胸はないのですが、ヨーロッパの歴史地区とか…憧れます。写真撮ったりむしろ住みたい。


――今一番欲しいものは?

 画力と作業スピード…(切実)


――最近面白いと感じたことは?

 友人が推しキャラの為に開く財布の回数と金額。そろそろ車が買えるんじゃないかと思う。


――天満あこ ってどんな人間?

 立場の違いや見る人によって変わるような気もしますが、悪い奴では無いと思います。

……そうならないように気をつけてます…(笑)


――最後に、読者の皆様にメッセージをお願いします。

 需要のある内容だとは到底思えないのですが、こんな感じで大丈夫でしたでしょうか…?(汗)

これからも日々精進してまいりますので、何処かで見かけた際にはどうぞよろしくお願いいたします。


――ありがとうございました!

天満 あこ(てんまん あこ)

誕生日:6 月 22 日

HPTwitter


【主な経歴】

ゲームアプリのキャラクターイラストや、乙女向けライトノベルのイラスト制作を中心に活動中。